婚約指輪購入について

婚約指輪は男性が女性に、婚約やプロポーズのときに贈るものと言われています。歴史的には結婚指輪と同じように古代ローマにその始まりがあると言われていますが、今は世界中で婚約指輪を贈る習慣があるのではないでしょうか。また現在はダイヤが一番人気ですが、純粋、純白、最高の硬度、そして最高級の宝石です。婚約指輪には確かにぴったりかも知れません。1粒ダイヤの立て爪タイプが流行していますが、今はさまざまなデザインが出回っています。もちろんどんな宝石でも決まりはなく、女性の誕生石でもOK。祖母から母へと代々継がれてきた宝石だってOKです。

実際に婚約指輪は、婚約をしたカップルの約7割近くが購入していると言われます。もちろん二人の意見で婚約指輪を購入するより、将来の二人の夢のために貯金をするというのもOK。また最近では結婚指輪と兼ねて、ブランドのペアリングだけで済ませてしまうというカップルもいます。お互いの気持ちが一緒ならどのように考えてもOKなのです。また指輪ではなくネックレスや時計などのペアを購入する場合もあるとのこと。

またいつ渡すかは、男性にとっては難しいようです。例えばプロポーズのときに、婚約指輪を突然渡すという渡し方も人気ですが、実は一生のものは一緒に選びたいという女性もいます。そのため女性がどのようにもらいたいか、前もって何気なくさぐっておくといいのではないでしょうか。突然のプレゼントはやっぱり嬉しいものですが、現実派の彼女なら一緒に購入すべきかも知れません。